日本漢方養生学協会

「漢方」の資格を活かす 生活/仕事/教室/ショップ

仕事に活かす

自分と同じ辛い経験をする女性を減らしたい

会社員時代に「婦人科がん検診は無料だから…」という軽い気持ちで受けた人間ドックで、婦人科系の癌が発見されました。当時は「なんで私が…」と思うばかりで、心も身体も一番つらい時期でした。手術に踏み切りましたが、2度の再発、その結果3度の入院という経験から「こんな辛い経験をする女性を減らしたい…」と心の底から思うようになりました。退院後、会社を辞めリラクゼーションの学校に通い、卒業後は現場での修行を積み、お客様と接する中で「もっと健康になる知恵をつけたい!!」と思う気持ちが漢方とのに出会いに繋がりました。

学びを活かした喜びは「お客様の声」から実感

現在、仕事ではカウンセリングから漢方的に見立てて施術内容に反映させ、「季節毎の養生コース」、「毎月の養生Specialコース」、生活へのアドバイスなどをお客様に合わせてご提案しています。養生コースは二十四節気やお天気の1か月予報・季節の養生などを考慮する難しさに苦労しますが、お客様に「このコース、今の私にぴったり」と喜んでいただけた時がとても嬉しいです。養生アドバイスをすると「あたっています。占い師ですか?」と驚かれる方も多く、そのたびに「漢方って凄いな!!」と日々感動しています。

将来は講師になりたい

日常を大切にする「養生と漢方の考え方」は生活の中の健康法であり、女性を健康にしたいという思いを叶える方法です。1人でも多くの女性が同じ経験をしないよう「漢方+リラクゼーション」で健康力(心と体が快適な状態)を高め、病気になりにくい身体作りのお手伝いや健康の和を広げていきたいです。またお客様から「漢方を取り入れた生活をすればよいですか?」とよく聞かれます。足つぼやボディケアなどの施術だけではなく、漢方を気軽に楽しく取り入れて頂けるよう、ワークショップやイベントなどで講師をすることが次の目標です。お客様の笑顔と健康を創造できるよう今後も頑張ります。

高岡 博美 さん

<日本漢方養生学協会認定>
漢方スタイリスト, 養生薬膳アドバイザー

お店のご予約、詳細はこちらからどうぞ

ページトップへ戻る