日本漢方養生学協会

「漢方・養生の資格・検定」漢方の理論を活かし生活をスタイリングする

漢方養生指導士

漢方臨床指導士とは、日常生活での漢方の使いこなし方がわかり生活指導ができる人のことをいいます。漢方基礎理論、本草・方剤学および診断・治療学を学び、処方検討、選定をくり返しながら的確な状況判断のコツを身につけていきます。

漢方養生指導士

  • 漢方養生指導士[初級/中級/上級/養生薬膳]
  • 漢方臨床指導士
  • 薬膳・漢方検定

漢方カウンセラー <漢方を実践で扱えるカウンセラーへ>


・病気改善のための処方選択および予防や予後の生活指導ができる人
・的確な弁証のもと症例検討ができる人
・個々の生薬の働きに加え、漢方処方の構成や効能を理解し使いこなせる人

診断・治療学の知識を得ることで、正しく人の状態を診立てることができるようになります。
さらに、本草・方剤学の知識を用いて的確な処方選択ができます。

中級認定試験合格者が受講できます。漢方薬物学コース修了後、漢方診断学コース の規定単位を取得されると、漢方臨床指導士の資格認定試験を受験する事ができます。

【認定試験概要】


受験資格 漢方臨床指導士養成講座「漢方診断学」修了の方
※申込締切日時までに修了されている方に限ります。
※受験資格の有効期限及び受験回数の制限はございません。
受験料 17,600円(税込)
試験方法 筆記試験
持ち物

1.受験料(当日窓口支払・現金のみ)※お釣りの要らないようご用意下さい。
2.筆記用具(HBまたはBの鉛筆やシャープペンシル・消しゴム)
3.時計(携帯電話不可)

注意事項

※受験有効期限及び受験回数の制限はございません。
※受験票は郵送いたしません。当日窓口にて受験番号カードをお渡しします。
※お申込み後、試験をキャンセルされる場合は必ずご連絡をお願いします。
※試験当日またはその前後に不測の事態(自然災害、新型感染症の流行など)が発生した場合、試験の開催状況については薬日本堂漢方スクールのホームページでお知らせいたします。

合格発表 ホームページ・各校舎の受付にて発表

【当時の試験の流れ】



※試験開始30分以降入室不可
※途中退席された場合再入室不可

【開催日程やその他詳細について】


>漢方臨床指導士認定試験要項

漢方臨床指導士受講から資格取得までの流れ

漢方薬物学コース申し込み

薬日本堂漢方スクールホームページよりお申し込みいただけます。

受講

受講終了

規定の単位取得、課題提出と授業中の確認試験に合格されると、漢方臨床指導士[漢方薬物学コース]修了となります。

漢方診断学コース申し込み

※受講は[漢方薬物学コース]を修了されている方が対象です。

受講

受講修了

規定の単位取得、課題提出と授業中の確認試験に合格されると、漢方臨床指導士[漢方診断学コース]修了となり、漢方臨床指導士の資格認定試験を受験することができます。

検定お申し込み

日本漢方養生協会認定の資格試験(漢方臨床指導士)にチャレンジ。

試験

学んだ知識が身についているか確認できるシステムです。
>資格認定試験 募集要項

合格

漢方臨床指導士(漢方カウンセラー)の認定証が送られます。

協会に入会

年会費を払うと会員証が送られいろいろな特典があります。

協会入会特典

・会員価格による漢方スクール・薬日本堂・漢方ブティックの利用
・生涯学習のための刊行物の送付 など

ページトップへ戻る